古いお金の処理日記

記念硬貨の買取について、高い物と安い物の違い

記念硬貨で高く売れる物とは

記念硬貨にも様々な種類があります。天皇陛下御座位記念硬貨や東京オリンピック記念硬貨など主に、何かの記念を硬貨としています。しかし、記念硬貨ならばどれでも高く買い取ってもらえるとは限りません。以前とあるリサイクルショップにいくつか記念硬貨を持ち込んだ際には、買取ができませんと返却された事がありました。買取れたとして、硬貨に使用されている銀の値段のみになるので、ほんの数十円の価値だと言われ渋々持って帰りました。もちろん他のお店に、査定をお願いしても同じ様な答えが返ってきました、値段が付かない理由としては、出回っている数が多く希少性が少ないと言う事でした。つまり、記念硬貨で価値が付くものは数量が限定で製造されており、その場でのみ手に入るものが高い値段が付きやすいという事です。

高く売れる記念硬貨とは

基本的に高く売れる記念硬貨は希少性が高いものや、素材が純金できている物です。もちろん銀貨でも希少性が高いものならば高く売る事ができます。もし、素材が純金で出来ている物ならば、希少性が低いものであっても金としての価値として買取をしてもらう事で高くなる事もあります。昔購入した天皇陛下の記念硬貨は素材が純金で、さらに希少性が高い物であったので、驚く様な高額の値段が付いた事がありました。しかし、注意しなければいけないのが1つの店で判断せずにいくつかの店をまわって値段を比べるとさらに高く売る事ができます。店によって提示された値段も多少違いました、いくつかの店の中でもっとも高き値段で売れるお店で売りましょう。