古いお金の処理日記

買取価格が高い明治時代から大正時代の古銭を紹介

高額古銭はどれくらいの値がつく?

明治時代はまだ江戸時代の名残として、銀や金といった希少金属を使って硬貨を鋳造していました。そのため、古貴金属としての価値もあります。銀でできた古銭であれば数千円から1万円ほど、金でできたものだと数万円の価値はあります。プレミアがついている古銭は、桁違いに値段が跳ね上がります。 たとえば、「旧20円金貨」は明治13年発行の品で130万円、明治10年のもので150万円になります。銀貨であってもプレミアがついている古銭は高く取引されており、「竜50銭銀貨」の買取価格は明治7年に発行されたものが100万円、明治13年では200万円で買い取っている業者もあります。 このように、なかには100万円超えの高い値がつく品もあるので、家に古銭が眠っている場合は買取業者へ査定してもらいましょう。日本貨幣商協同組合に加盟している業者であれば、専門的な知識を持つ鑑定士がいるので、適正な価格で査定を出してくれます。近くに組合に加盟している業者がなければ、インターネットを通じて査定を依頼しましょう。メールやLINEといった通信手段で査定を行っている業者もあります。買取業者のホームページにアクセスして確認しましょう。 また、メール等の査定依頼では、古銭の画像データを送って見てもらうことになります。硬貨の刻印が見えるように、表裏の写真を撮影します。ネットを通じての査定は概算的なものなので、実際に店舗で実物を見てもらったときに、値段が変動することがあるのを心に留めておきましょう。